助産院と産婦人科病院

出産の時、助産院はすべてスタッフは助産師さんです、だいたい今では何人かの助産師さんが常駐している産院が多いようです、出産経験のある人は一度は助産院に興味を持った事があると思います、私は妊娠前は助産院の存在すら知らなかったのですが、妊娠中に初めてそんな出産の施設があるんだと知りました、その時は1人目の出産でしたので助産院でも受け入れはしてくれないと言う事でしたし、初めての出産で不安もありましたから病院での出産にしました。

病院ですと産婦人科の医師と助産士、看護士が出産のお手伝いをしてくれます、この事も出産時に初めて知りました、ずっと私のお世話をしてくれているのは看護師さんだと思っていたんです、子宮の開き具合などの確認など看護士さんはこんな事していいのかなんて思ったくらいです、女性で出産するならばこれくらいの知識は必要です、助産師さんは内科的な処置を許されていますが、もちろん看護士さんはしてはいけませんしそれを見逃すのも良くない事です。

助産師と看護士の違いは見た目ではよくわかりませんが、双方には大きな違いがあります、まず助産院にいてるのは助産師です、助産師は看護師の国家試験を受けて看護師になります、看護師になるには3年以上専門学校又は大学に通わなければなりません、さらに助産師になるには養成機関で1年以上の教育と実習を行い助産師の国家資格を取得しなければなりません、4年制の大学や養成学校によっては卒業と同時に看護士の国家試験と助産師の国家試験を同時に受ける事が出来るところもあります、なので助産師になるには4年以上はかかると言う事です、助産師は医師の指示なしで通常分娩に限り助産行為を行えますが、看護師は医師の指示があっても助産行為はできません、外国では注射や投薬など看護師による看護業務だけを行う施設があります、医師がいなくても看護師が開設することができます、日本では開設することは禁止されていて出来ません、一方助産師の資格を持っていましたら助産院を開業することができます。