助産院と病院の違い

女性の人生において出産は大きな節目にもなり事件でもあり忘れられない出来事になるのは間違いありません、その手助けをしてくれるのが助産院であったり産婦人科の病院です、この2つの違いは子供を産んだ事がある人は解ると思いますが、医師がいるかいないかの違いです、ドラマなどでよく出てくる畳に布団が敷いてあって年寄りのおばあさんが子供を取り出すと言うのが定番ですがそれが助産院です。

今は診察などで使うエコーなどの機器も導入されていて中にはホテルのようなところもあります。

医師がいない助産院では帝王切開、会陰切開、麻酔などの医療行為ができませんので、普通分娩のみということです。

私は2人の娘を病院で産みましたが1人目の時は会陰切開したので麻酔もしましたし、縫合もしたのでもし助産院で出産していたら大変なことになっていました、しかも難産で最後の最後まで、先生が帝王切開にするか悩んでいて最後には先生が5人がかりで子供を取り出してくれました、私は病院にしといてよかったと言う例です。

産婦人科の病院は陣痛が始まってから病院に到着すると当番の先生が診察してくれます、出産前の検診の時の担当医師が出産の担当にならない事もあります、出産の時は初めて会う先生と言う事も普通です、私の出産の時は夫が立ち会ってくれていたのですがなかなか産道が開かず、ずっと分娩室の中で2人きりで心細い思いをしました,一方助産院は妊娠初期から担当が決まっていて出産まで同じ助産婦さんが見守ってくれますので心細いというより心強いですね。

助産院の場合出産直前にもしか何かあったらと思います、実際私の場合も順調に出産できると思っていましたが、破水した後に陣痛が弱まり大変な事になりましたので病院にしといてよかったなと思いました。

しかしこんな場合でも近くの医療機関と提携していますので何かあっても大丈夫です、また産婦人科の病院内に助産院を併設しているところもあるそうです,詳しくはこちらです。

近場の助産院を検索

それから病院は立ち会い出産の立ち会う人の制限がありますが、助産院は制限がないところが多いです。